マンションの価格が下がりにくい原因には、マンションから見える景観の良さに大きな要因があります。

価格の下がらないマンションを見つける秘訣
価格の下がらないマンションを見つける秘訣
価格の下がらないマンションを見つける秘訣

価格の下がらないマンション

マイホームを購入する時には、マンションか一戸建て住宅になりますが、東京、大阪の都市部においては土地の価格が高いので、マンションの方がコストパフォーマンスがよいので多く人がマンションを購入します。しかし、マンションは購入したときから価値が下がっていくのです。それは、建物ですから、古くなっていくからなのです。すべてのマンションが価格が下がっていくのですが、同じ時期に建てられたマンションで、同じような仕様でも価格が異なるケースがあるのです。価格が下がりにくいマンションは、マンションの環境にあるのです。マンションがハードウェアであるのに対して、周囲の環境がソフトウェアになります。ソフトウェアがよいことが価格が下がらない原因になります。

マンションのソフトウェアとは具体的にはマンションの立地条件、場所、見える景色にあります。昼は、富士山がきれいに見え、東京スカイツリーが見える環境にあったり、夜景がすばらしいなどの景観に優れた場所は数年経過しても、古くなることはありません。景観の良さには価値が下がらないのです。そのような物件ですと、北向きであっても販売されてもすぐ売れますし、価格も下がりにくいのです。もちろん、交通の便利さがよい、ショッピングセンター、公園などが近いなどもマンション価格が下がらない原因のひとつではあります。また、将来、開発が行なわれる、駅ができる、鉄道、地下鉄が通るなどの生活インフラが改善されることも不動産価値が下がらない原因ではあります。販売目的でマンションを購入する人は少ないかと思いますが、自分が購入したマンションが下がるのはあまりいい気分ではありません。マンションの周囲の開発計画は一般にはなかなか公開されませんが、もし、マンションを購入するのであれば、価格が下がりにくい、景観と夜景のよいマンションを購入することをお勧めします。自分で住んでも気分がいいですし、中古として売却しても高く売れます。

RECOMMEND



Copyright(c) 2016 価格の下がらないマンションを見つける秘訣 All Rights Reserved.